小沢一郎政治塾募集

後援情報

いま、この国の議会制民主主義は危機を迎えています。
権力の私物化や憲法・立憲主義の軽視、政権担当者達の著しいモラルの低下。どれもこれもとても現実とは思えないことばかりです。
こうした中で、国際情勢も緊迫しつつあり、国民の「政治」に対する姿勢が問われています。
いま起こっていることはすべて現実であり、基本的には「国民の選択」で作り出されたものです。政治とは、選択される側にとってもそうであるとの同様、選択する側にとっても「責任」を意味します。
だからこそ「権力の源泉」である主権者たる国民一人ひとりが、しっかりと現実を把握し、いつでも自分たちの未来にとって最も望ましい選択をできるように、道を誤らないように、日頃から認識力や判断力を磨いておく必要があります。
選択される側の道を望む人であれば、なおさらです。

この塾は「政治塾」という名をとっていますが、単に政治家を目指すという安易な塾ではありません。
皆さんが日々社会生活を送る中で一回立ち止まり、この国のこと、地域のこと、世界のこと、人間のことを改めて考え、仲間で徹底的に議論し、あるべき道を探していく。その中で人々をまとめる「政治」についての洞察の力を磨く場です。

政治とは生活である。これが塾長の考え方です。いま「政治」について改めて学びたい、考えたいという方、是非ご応募ください。お待ちしております。

小沢一郎政治塾 概要


小沢一郎政治塾の申込書・推薦書は、こちらから入手できます。プリントアウトしてご利用ください。

    1. 設立目的

21世紀の日本の在るべき姿と歩むべき道筋を構想し、かつその実現を担い得る、志の高い若い人材を発掘、養成する。そのために、衆議院議員小沢一郎が「塾長」として指導に当たり、「理念と哲学」を直接教育する。

    2. 指導方針

日本を根本から改革するという壮大な志と、何としても改革をやり遂げるという強い責任感。その「志と責任感」の育成を重視する。
各界、各分野で創造的・指導的役割を果たす人材を育てる。ただし、入塾者・塾卒者に各種選挙への立候補を約束するものではない。

    3. 塾 生

男女とも、20歳以上、原則35歳以下とする。国籍は日本であること。
募集定員は、原則として30人とする。

    4. 在塾期間

前期1年、後期1年の2年間とし、各期とも原則として、1月開始~9月終了の9ヵ月間とする
前期を終え、後期へ進級を志望する者は、進級審査を受け、合格者が進級できる。
2年間修了の者には、小沢塾長より修了証を授与する。

    5. カリキュラム

① 集中講義 
    毎年、原則として冬季と夏季に、それぞれ3日間の集中講義、討論を行う。
② 年4回のリポート提出など。

    6. 集中講義概要

日本でトップクラスの講師陣と小沢一郎塾長が講義、討論を行う。塾生内で徹底討論も実施する。
講義課目:政治論、経済・財政政策、外交・安保政策、行政改革、教育問題、環境問題、他

    7.費用負担

各研修に要する費用のうち、実費は本人負担とする。
例えば、年2回の集中講義については、会場までの往復の交通費と合宿費(宿泊費、食事等4万円程度)は全ての塾生の自己負担とする。講師に関する諸経費(謝礼、交通費、宿泊費等)と懇談費は主催者が負担する。

小沢一郎政治塾 18期生応募/選考要領

小沢一郎政治塾の申込書・推薦書は、こちらから入手できます。プリントアウトしてご利用ください。

1.募集人員

30人

2.応募条件

年2回の集中講義(それぞれ2泊3日)に参加できることと、その研修実費を自己負担することを条件とする。
年齢20歳以上、原則35歳以下の男女。国籍は日本。

3.募集締切

【注】書類は書留にて郵送のこと。 応募者の秘密は厳守致します。

4.応募に必要な書類 【注】応募書類は一切返却しませんので、予めご了承下さい。

①申 込 書 所定の用紙に記入、写真(7cm×6cm、撮影3ヵ月以内 )を貼付。
②小 論 文 以下のうちどちらかのテーマを選び、論じて下さい。
A)私の志
B)日本人の自立のために
A4サイズ400字詰め原稿用紙(縦書)で5枚以内。パソコン可。
③入塾推薦書 (2通)
④一次審査に合格し、
二次審査を受ける者 
戸籍謄本 あるいは 抄本(取得後3ヵ月以内のもの)1通 【注】面接時に持参。

5.選考方法及び基準

一次は書類審査。二次は討論及び面接審査。

選考の主要基準

1.新しい日本を創り出そうとする情熱・意志
2.21世紀の日本を担うに相応しい人格・識見
3.リーダーとしての資質・可能性
【注】合否の結果は本人に書面で直接通知致します。審査内容についてのお問い合わせは、一切受けかねます。

6.募集から開講までの主な日程

募集締切 

平成29年7月7日(金)必着
【注】書類は書留にて郵送のこと。

一次審査 

平成29年7月10日(月)
書類審査  【注】審査後、随時、発送させて頂きます。

二次審査 

平成29年7月22日(土)
全体討論、個別面接等  【注】会場は東京都内

結果発表 

平成29年7月25日(火)(発送予定)
合否を本人に通知

開講式/冬季集中講義 

平成30年2月中旬を予定
【注】会場は東京都内

7.応募書類提出先/問合せ先

小沢一郎政治塾事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂2-20-13 赤坂ヒルサイド402
FAX : 03-6277-6131
E-mail : seijijuku@soleil.ocn.ne.jp
HP : http://www.ozawa-ichiro.jp/

申込書

小沢一郎政治塾の申込書・推薦書は、こちらから入手できます。プリントアウトしてご利用ください。

陸山会へ政治献金
第66回小沢一郎政経フォーラム
小沢一郎政治塾募集
党員・サポーター募集
小沢一郎応援団
生活の党
若手『農業経営者』大募集