来たれ!地方を“危機”から救う 若手『農業経営者』大募集 !!

次世代を担う、意欲ある農業のプロを育てたい!小沢一郎 農業再生プロジェクト、始動!

私の生まれ故郷である岩手県の人口は、1999年以降、これまでの社会減(県外への転出)に加え、
自然減(死亡者数>出生者数)が続いており、現在では130万人を割る水準まで減少しています。
いわゆる少子高齢化による地域の過疎化は顕著であり、
特にも、『農業経営者(農家)の後継者不足』は深刻です。

農業を始めたい、意欲のある若者が田舎へ移り住む。
そこで、地域社会の一員となって、農業を始める。
そんな若者が一人でも二人でも現れれば、徐々に地方は活気を取り戻し、いずれは日本の食料自給率も向上する。
今の日本社会が抱える構造的問題は、一朝一夕には解決し得ませんが、
できることから少しずつ取り組んでいかなければ、気づいた頃には取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

このような現状を少しでも打開するため、今回のプロジェクトが始動しました。
農家をやってみたいけれど、何をどうしたらよいかわからない。
そんな皆さんへ親身になり、小沢一郎が具体的なアドバイスをいたします。
国や県などの関係省庁や、地域の農家の方々とも連携をし、就農までの支援を行います。
奮ってご応募下さい!

農業開拓プロジェクト

概要

    ○ 募集期間

2017年3月1日より

    ○ 募集人員

若干名

    ○ 応募条件

原則20歳以上35歳未満の男女

    ○ 応募書類

一次選考:申込書(下記PDFファイルをプリントアウトの上記入、顔写真を貼付)
二次選考:戸籍謄本(面接日から起算し、取得後3か月以内のもの)

    ○ 選考方法

一次選考:書類審査
二次選考:面接審査(場所は東京都内を予定、交通費等は自己負担)

    ○ 選考基準

新しい日本を創り出そうとする情熱・意志
次世代の農業を担うに相応しい人格・識見
農業経営者としての資質・可能性

    ○ 就農地

岩手県内(要相談)

応募から就農までの主な流れ
応募・選考~採用(合格)

*書類は書留で郵送。受領後、原則2週間以内に、一次選考の結果と、通過者には2次選考の詳細を、書面にて通知いたします。
*二次選考後、原則2週間以内に、合否を書面にて通知いたします。
*審査内容についての問い合わせは、一切受けかねます。
*応募者の個人情報は、厳守いたします。
*応募書類は、返却いたしません。

就農計画の作成

技術・経営ノウハウの習得

農地・機械や施設の取得

住宅の確保

農業経営開始!
申込書

申込書は、こちらから入手できます。プリントアウトしてご記入ください。

応募書類提出先・問い合わせ先

小沢一郎農業再生プロジェクト事務局
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第1議員会館605号室
小沢一郎事務所 内
TEL : 03-3508-7175
Web: http://www.ozawa-ichiro.jp/

次世代を担う、意欲ある農業のプロを育てたい!小沢一郎 農業再生プロジェクト、始動!

陸山会へ政治献金
第66回小沢一郎政経フォーラム
小沢一郎政治塾募集
党員・サポーター募集
小沢一郎応援団
生活の党
若手『農業経営者』大募集